日常

カプセルホテルのメリット | ご利用する時の注意点と治安について

投稿日:2017年4月27日 更新日:

カプセルホテル。

出張の多い僕はときどき利用します。

また出張地が学生時代に過ごした街の場合は

学生時代にバイトしていたカプセルホテルに泊まることもあります。

カプセルホテル、というよりサウナのバイトだったのですが

リネン(=お客様が使ったタオルや服)の袋を

2階から1階に担いでおろしたり

サウナ(遠赤外線、約90度)から外(約5度)の間を

行ったりきたりしていると体重が10Kg減りました。

サウナのバイト、というと風呂屋の店番のようなイメージを持っている

かたがいらっしゃるかもしれませんが

僕が働いていたサウナではなかなか重労働でした。

さてさて、簡易的に利用できるカプセルホテルなのですが

やはりメリット、デメリットはあります。

利用の際の注意点や治安は大丈夫なのでしょうか?

一緒に考えてみましょう。

  

カプセルホテルのメリット

風呂が大きい

サウナも付いているところが多いです。

大きなお風呂でゆったりしたい場合におすすめですね。

飛び込みでも深夜でも泊まれる場合が多い

いっぱいで入れません。と断られたことがないです。

先日も飛び込みで1泊しました。

金曜日の夜ですが、その時は空いていましたね。

飲み屋に近いところが多い

繁華街に立地していることが多いので

そちらで夜遅くまで遊びたい場合はよいかもしれません。

普通のホテルより比較的金額が安い

格安ビジネスホテルと比べればどっこいどっこいですが

やはり全体的に比較して安いですね。

リクライニングルームでくつろげる

リクライニングルームには漫画がたくさん置いてあるので

くつろぎながら漫画を読んだりします。

ハブラシ、タオル、整髪剤など使い放題

だいたい使い放題のところが多いです。

サウナに何度も入る場合はタオル使い放題はよいですね。

なので僕のように重いリネンを運んで痩せるバイトがいます(汗

カプセルホテル利用の注意点

ロッカーが小さい

キャリーバックは入りません。

普通のバックでようやく入るレベルです。

目測で横幅20cmくらいのロッカーでしょうか。

何泊もする場合は厳しいかもしれませね。

荷物をコンパクトにまとめる人なら大丈夫かもです。

隣の部屋の雑音

カプセルホテルはだいたい同じエリアに何十と部屋がありますので

そのうちひとつでも、いびきがうるさかったりテレビの音量などの

雑音があると夜眠れなくなる可能性があります。

僕の場合は夜はだいたい疲れきっているのでぐっすり眠れますが

音で目が覚めるかただと厳しいかもしれません。

スポンサーリンク

パジャマ

意外と盲点なのですが。

パジャマというか館内着は用意されていますが

だいたい薄いんですね。

となると館内が暖かい場合はよいのですが

まれにカプセルルームは肌寒い場合もあり

しかも布団も薄い場合が多いので風邪を引く可能性があります。

車の駐車場

こちらはカプセルホテルに限った話ではないのですが。

カプセルホテルの駐車場は無いか、または立体駐車場である場合が多いです。

立体駐車場の場合は車高制限や入出庫の時間制限などがほぼあります。

朝早くに車で出かけようとした場合に出庫できない事態が想定されます。

お車で行く場合は事前にホテルに確認しておきましょう。

盗難

場合によってはフロント前の共有スペースに

キャリーバックを置く場合があります。

その場合、ようは誰でも盗める環境、いたずらできる環境であり

盗難や荷物に変なものを入れられる可能性は否定できません。

ホテルのフロントさんも常にフロントに居るわけではないですからね。

カプセルホテルの治安

治安、と言われると正直良いとは言い切れません。

複数のお客さんがお風呂やトイレ、リクライニングルーム、カプセルルームなど

様々な場所を共有しているためです。

また先述したように荷物の管理は心配な部分があります。

よほど不安であれば荷物を少なくするかフロントの中に預けられるか

確認してみたほうがよいかもしれません。

また女性専用のカプセルホテルが少ない理由は

カプセルホテル自体が男性サラリーマンの出張や

飲み会で終電を逃した男性の簡易宿泊を想定しているためと思われます。

昨今では稀に女性対応のカプセルホテルもありますが

まだまだ男性のもの、というイメージが強いようです。

特に女性の一人旅の場合はカプセルホテルはオススメできません。

同一価格帯でもビジネスホテルは近隣にある可能性が高いので

ビジネスホテルのご利用をオススメいたします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

僕はカプセルホテルに泊まるときは

サウナと大きいお風呂を楽しみにしています。

大きなお風呂にザブーンと入るとストレス解消になります。

またサウナの後の水風呂で身体を引き締めるのも楽しみです。

水風呂に入るのは気合が入りますが

入ったあとは身体のなかから冷気が吐き出されるような感覚があり

消化器系が活性化される、ような気がします。

いずれにせよメリットデメリットはありますので

よくよくご検討のうえまずは1泊から自己責任で宿泊してみてください。

意外とご自分に合っている、かもしれませんね。

それではまた。

別の記事にてお会いいたしましょう。

スポンサーリンク

-日常
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

献血はどこでできる? | 献血の所要時間と注意点は何があるのか?

献血です。 よく街中でも血液型の何型が不足している というような看板が立っていたり 会社に献血車がきて社内放送がかかったり スポンサーリンク たまに献血を見かける機会があるのですが そもそも血を採られ …

ワードプレスインストール完了

ワードプレスインストール完了です。 私が社会人となり初めて経験した職業がプログラマでした。 その当時にPHPというプログラム言語を使って いろんなサイトを構築していたのですが その後職種が変わったこと …

祝日のない6月 | 1年のうち6月のみ祝日がないが創設される可能性は?

6月。 ジューンブライドと呼ばれる6月の花嫁。 倖せになれるジンクスがありますよね。 6月といえば梅雨。 雨でシトシト、外に出るのが億劫になるかもしれません。 でも雨が降らないと本格的な夏に水不足にな …

行きたくない旅行を断る | 学校や会社で強制された旅行の断り方は

旅行です。 本来、旅行とは楽しいものです。 旅先での出会いやその土地土地の名産品。 観光名所においしい食べ物。 ちょっとしたトラブルも旅のスパイスとなって楽しい。 旅とは本来楽しいものです。 ですが、 …

宝くじに当たったらどうする | 不幸にならないための使い道とは

宝くじにあたったら。 スポンサーリンク 誰もが考えたことのある事案ではないでしょうか。 家を買ってぱーっと使って、などそれこそ若いうちからいろいろ話はあがります。 近年ですと宝くじに当たったが故に不幸 …


皆さん、こんにちわ。

あそかずと申します。

普段はサラリーマンをしています。
2児の父であります。
日々の出来事・思ったこと感じたこと
季節のイベントをブログに書いています。

このブログが
皆さんのお役に立てれば倖いです。。

ブログランキング・にほんブログ村へ