明日とか来年とか10年後とか、備えあれば憂いなしだけど今日という日常は奇跡かもしれないと思う。
年賀状の子供の写真。うざいと思われるから写真なしがよい? | 我々の日常は奇跡の連続なのかもしれない

生活のハウツー

年賀状の子供の写真。うざいと思われるから写真なしがよい?

投稿日:2017年10月11日 更新日:

スポンサーリンク

朝焼け

年賀状の子供の写真。

毎年載せていたけれど印象が悪いといううわさも聞いたことがあるし。
でもかわいい子供の写真を年に一度、年賀状に印刷して報告したいし。

どうすればいいのだろうか。

年賀状を送る側、受け取る側。
それぞれの思いがありますね。

以下に確認していきましょう。

スポンサーリンク

年賀状に子供の写真を載せるのは

子供がいたらついつい載せるよね

わが子の成長を知り合いや親戚に年一回のご報告を兼ねて年賀状を送りたいですよね。
毎年送っていたし今年も成長報告を兼ねて送りたいけどネットではいい印象ばかりではないらしい。
子供の成長の報告。相手の受け取り方。
どのように整理すればいいのだろう?

年賀状を受け取るほうの気持ちになると

それなりの年になると結構、子供ばかりの年賀状になる。
親からは結婚はいつだといわれ続け、子供はいつだといわれ続ける毎日。
年賀状も毎年子供の写真ばかり。

別に子供と知り合いでもなければ親の送り主とももう何年も会ってないのだけれど。

なぜそんな状況で子供の写真ばかりしつこく見せられるのかしら。
相手への配慮っていうのが考えられない人がなんて多いのかしら。

年賀状に子供の写真を載せると

もう少し違った視点から年賀状に子供の写真を載せることを考えて見ましょう。
こちらの記事にまとめております。ご参考になればさいわいです。
う~ん危ない、危険かも、ですね。

年賀状の子供の写真はうざい?

いい大人がうざいとか言うな、と思うのですが。
実際「うざい」でインターネット検索する人が少なからずいるので不本意ながらタイトルにしました。
正直者の僕はもっと褒められてもいいと思います。

・・・こほん、話が逸れました。

年賀状の子供の写真って

子供なんて知らないし・・・
そもそも親のあなたにもよく会ってないから知らないし・・・
と親戚のお姉ちゃんが感じている可能性があります。

親戚のお姉ちゃんが最近会うとなんだか冷たい・・・

妙齢のお姉ちゃん。
年賀状に子供の写真つきで送ってないですか?

なんだか印象がよくないこともあるのです。

年賀状は子供の写真なし?

年賀状は子供の写真なし。

そのほうが無難でしょう。

年賀状で年始から相手への印象を悪くする可能性をなるべく排除する。

子供の写真入の年賀状を受け取って悪い印象を抱いた話は多々聞きますが良い印象だったという話をトンと聞きません。

それはたとえ「へえ~あのおうちのお子さんはこんなに大きくなったのね~」と好意的に受け取られたとしても、所詮それは「ふ~ん」程度のリアクションなわけです。

かたや悪印象の場合はもやもやもやもやと相手の心を曇らせるようなのですね。

ではもうその可能性を排除しておきましょう、ということです。

あなたの子供の写真は相手の反感を買ってまで年賀状に印刷して送るべきものですか?

もしどうしても送りたい場合は相手に電話などで確認してから送ってみてはいかがですか?

ただし女性だと建前で「ええ~お子さんの写真を送ってくれるの~わあ~楽しみ~★」とか言いながら内心では「うざい」と思っていることもあります。

男の僕からしたらなんじゃそら、嫌なら嫌と言わないまでも「ん~お子さんの写真は最近の世の中だと危ないかもしれないし万が一誰かの手に渡って悪用されるとお互い不幸だからできれば受け取りは遠慮したいわ」という話をしてもいいと思うのですね。

昨今の世の中は、権力を持った強い人が言いたいことをいう、とか言わないでも察してほしい、とかいう子供っぽい風潮がありますが、いい大人は自分と相手の意見の折衷案をもってして相手を説得できるものです。

年賀状の子供の写真~まとめ~

いかがでしたでしょうか。

年賀状に子供の写真を載せるのもこれほど気を遣う世の中になったのですね。

よき昭和の時代は、そのへん結構いい加減でも生きていけたような気がするのですが、息苦しい現代においては気遣いを要求されるのですね。

とはいえ時代は選べないのでどうやら今を生きるしかなさそうです。

いろいろ気を遣うことが多いでしょうが、あなたの大切な子供が逆恨みの対象にならないよう、祈るくらいしか僕にはできません。

それではまた。

別の記事にてお会いいたしましょう。

スポンサーリンク

-生活のハウツー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

七夕の笹の処分方法。飾り終わった後処理、処分はどうする?

スポンサーリンク 七夕 七夕です。 ご自宅で職場で地域の施設で、笹を飾ったかたも多数いらっしゃることでしょう。 短冊にお願い事を書いて、年に一度天の川で会うという折姫様と彦星様にあやかって願いが叶うと …

赤ちゃん

生きるのが辛いが死ぬのも怖い。苦しくて不安な原因は甘えなのか。

スポンサーリンク 生きるのが辛い。 でも死ぬのも怖い。 練炭を使った方法や火山の火口に一気に飛び込んだら楽かしらといろいろ死に方を想像するけれどやっぱりどれも怖いし。そもそも物を準備したり遠くまで行く …

友人の結婚式で出会いを求める人はいるのか。その確率と連絡先を聞かれる可能性は?

スポンサーリンク 友人の結婚式。 初めて結婚式に友人として参列するけれど。 様子がわからないから緊張する。 よくうわさでは結婚式で出会いがあるというけれど。 本当にあるのだろうか。 くだらないことかも …

子供を叱る基準に悩む。大声で感情的に叱ると子供はどうなるのか?

スポンサーリンク 子供を叱る。 必要なことだと思いますよ。 叱っているのならば、ですが。 僕にも2人の息子がいて彼らはとてもやんちゃです。 やんちゃなのでやんちゃしますよね。 で母親に怒鳴られていると …

おじいちゃんと海

亡くなった祖父にも敬老の日を。おじいちゃんへの贈り物のおすすめは。

スポンサーリンク おじいちゃん。 小さい頃はいろいろ遊んでくれた。 両親はしつけに厳しかったけれど祖父は優しかった。 いろんなところに連れて行ってくれたし、おいしいものも食べさせてくれた。 いつも味方 …

スポンサーリンク


皆さん、こんにちわ。

あそかずと申します。

普段はサラリーマンをしています。
2児の父であります。
日々の出来事・思ったこと感じたこと
季節のイベントをブログに書いています。

このブログが
皆さんのお役に立てれば倖いです。。

ブログランキング・にほんブログ村へ