生活のハウツー 美容・健康

梅雨の布団対策。ダニが気になるが布団が干せない場合の対策は。

更新日:

スポンサーリンク

梅雨時期です。

外は雨が降り続いている。

またたまに晴れていたとしても湿気がものすごい。

それが梅雨時期。

お布団じめじめですね。

特に一人暮らしなどされているかたで

「敷布団を毎日片付けるのは面倒だ」

と思っているかたは、もはや万年床になっているかもしれません。

また、ベッドに敷きっぱなしの布団も湿気を吸ってじめじめしがちですね。

でも外は雨が続いているしどうしたらよいものか。

このままではダニが湧いて身体がかゆくなるかもしれない。

それはいやだなあ。

そうなる前にどのような対策があるのでしょうか。

調べてみましたので一緒に考えてみましょう。

スポンサーリンク

梅雨の布団

梅雨のお布団がピンチです。

なんとなく気づいてはいたんだ。

毎日寝てるとなんだか湿っぽいということに。

しかし仕事は朝早くから夜遅くまで忙しいし。

休日はぐったりして寝るだけだし。

たまに友達と外出予定が入ったりするし。

お布団を干す暇とエネルギーが無い。

梅雨のお布団はこのように大ピンチなのです。

やまない雨。

と同時に進行するカビカビダニダニ。

やつらを止めなければ。

ケース1:和室

和室でいちいち布団を上げるのがめんどうくさい。

わかります。

が、お布団は大ピンチです。

せめて毎日布団を上げることで風を通しましょう。

ケース2:ベッド

布団を干さなければ万年床です。

やはり定期的に布団を上げてください。

洗濯とか掃除とかめんどうくさいでしょうけど

ハウスダストの犠牲になってはいけません。

ケース3:日陰の部屋

日中帯、まったく太陽の光が当たらない。

ピンチです。

湿気は充満しています。

と様々な場合がありますね。

お布団がピンチです。

梅雨時期のダニ対策

梅雨時期のダニ対策、基本は湿気を取り除くことです。

晴れた日は換気をする

ナイチンゲールは第一次世界大戦のけが人が収容されている施設で

まずは窓をあけて換気をしました。

換気は思った以上の効果がある場合があります。

ただしいくら晴れた日でも雨上がりなどの場合は湿気むんむんな

可能性がありますので換気を控えましょう。

除湿機

多少お金がかかりますが確実です。

除湿することで部屋のダニダニカビカビの進行が少し抑えられます。

完全にはなくならないと思うので適宜カビキラーや

ダニコロリなどの対策との併用が必要です。

布団乾燥機

布団をぐるっとくるんで、掃除機のようなものでゴーっと乾燥させます。

布団がほっかほっかふっくらになって天日干しより効果があるかもしれません。

値段は除湿機に比べて安いものが多いです。

梅雨時期の干せない布団をどうするか

布団に限って言えば、前述の布団乾燥機が一番手軽でかつ

効果が高いと思われます。

ただし、部屋のダニやカビを完全に取り除くことはできませんので

どうしても気になるようであれば除湿機を併用し

持ち家の場合でかつ湿気がどうしても気になる場合は

断熱材を入れて湿気を遮断するリフォームのようなことを

する必要があるかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

梅雨でじめじめしているとはいえふっくらしたお布団で寝たいですよね。

またダニが湧くと身体が痒くなりアレルギーを持っている方は

肌荒れがひどくなるかもしれません。

そうなる前に、少しお金はかかるかもしれませんが

上記に挙げたような対策をとってみてはいかがでしょうか。

それでは、また。

別の記事にてお会いいたしましょう。

スポンサーリンク

-生活のハウツー, 美容・健康
-,

Copyright© 我々の日常は奇跡の連続なのかもしれない , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.