生活のハウツー

自転車通勤の危険性。気になる点と必要なアイテムをご提案します。

更新日:

スポンサーリンク

自転車通勤です。

電車やバスのように時間に縛られるわけでもなく

またギュウギュウ詰めになることもない。

自分の足で漕いだ分進んでいく自転車。

自然の風を受けて進んでいく自転車。

ロードバイクなどを購入しての自転車通勤を考えているかたも

いらっしゃるのではないでしょうか。

しかしながら自転車通勤。

雨の日はどうすればいいのか。

雨の日だけ公共交通機関で通勤してもいいけれど

同じことを考えている人が多いのか

雨の日は公共交通機関がより混みますよね。

では天候の悪い日も自転車通勤をするにはどうすればいいのか。

その他諸々の注意点も踏まえて考えてみましょう。

スポンサーリンク

自転車通勤は危ない?

自転車通勤の危ないポイントは何でしょう?

車道を走るときの車

自転車は一応、車両扱いです。

車道脇を走っていると横を車が猛スピードで走っていく。

危ないです。

また稀に反対車線の車道脇を走る自転車をみかけます。

本当に危ないです。

歩道を走るときの歩行者

車道は危ないので歩道を走るのですが

そうなると歩行者との衝突の危険があります。

夜間

夜は歩行者が見えないことがあります。

むこうはこちらから見えているものだと思って余裕なのですが

黒い服など着ていると本当に見えない。

夜間の走行は慎重に、ですね。

自転車通勤の注意点

会社に申請せず事故にあった場合

本来は会社に申請して自転車通勤するのですが

やむをえない事情で自転車で出勤することもあるかもしれません。

そんなときに事故を起こした場合は

「今日は年休としてください」

と上司に申告するしかないです。

スーツ着ているけど年休です。

また、加害被害に備えて保険に入っておきましょう。

最近ではコンビニのセブンイレブンでも安価で自転車保険を扱っており

加入の手間はかなり簡素になっているようです。

イヤホン

音楽を聴きたくなる気持ちはわかりますが、イヤホンは

片方の耳のみにしましょう。

両耳を塞いで大音量で音楽を聴いていると危険予知の判断が遅れます。

急な天候変化に備える

急に雨が降ってくる場合も考えて合羽を用意しておきましょう。

傘差し運転は禁止です。

僕の高校時代の友人が傘差し運転で事故をして顔がひどいことになっていました。

傘差し運転は危ないです。

また、雪の日の運転は控えましょう。

特に下り坂でブレーキが効かなくなり転倒します。僕のように。

通行制限

交通規則に従いましょう。

学校の近くなどでは、時間帯一方通行があることがありますのでご注意ください。

自転車通勤用の各種アイテム

合羽

雨具ですね。急な雨に備えましょう。

ライト

早めの点灯を心がけましょう。

自分が見えるためのライト、というより

自動車や歩行者から自分を見つけてもらうためのライト、です。

バッグ

荷物をまとめるバッグです。

ビジネス用の背負うバッグは前かごに荷物が入らない場合に便利です。

お試しあれ。

空気入れ

乗っても乗らなくても1ヶ月に1回はタイヤに空気を入れましょう。

手袋

冬は必須です。

雨の日も考慮して防水のものがよさそうです。

駐輪場

意外と忘れがち。

会社に駐輪場があればいいのですが、無ければどこに停めるか

事前に調査しておきましょう。

帽子、ドリンク

夏の必須アイテム。熱中症対策です。

タオル、制汗剤

汗だくだと気持ち悪いです。場合によっては着替えをお持ちあれ。

後ろタイヤのみでなく前タイヤにかけるチェーンがあればなお良いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ここで挙げた内容は最低限のものです。

僕も長年、自転車通勤をしていますがなかなか奥が深いです。

場所によっては電車より自転車のほうが早い場合もありました。

ですが自転車は免許こそありませんが、

安全に運転しないと自分が怪我をしてしまう、

または他人にさせてしまう可能性が当然にあります。

注意点や準備を踏まえたうえで安全に快適に自転車通勤を楽しみたいものです。

それでは、また。

別の記事にてお会いいたしましょう。

スポンサーリンク

-生活のハウツー
-,

Copyright© 我々の日常は奇跡の連続なのかもしれない , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.