年間行事

七夕の笹の処分方法。飾り終わった後処理、処分はどうする?

投稿日:2017年5月23日 更新日:

笹

七夕

七夕です。

ご自宅で職場で地域の施設で、笹を飾ったかたも多数いらっしゃることでしょう。
短冊にお願い事を書いて、年に一度天の川で会うという折姫様と彦星様にあやかって願いが叶うといいなあ。
そんな風に思っていらっしゃるかたもいるかもしれません。

しかしながら七夕。

笹を準備・入手して飾ったはよいものの終わった後の笹の処分はどうすればよいのだろう?
本物の笹であればいつまでも飾ってられないしもうすぐ子供は夏休みに入るし。
片付けるならそれまでに済ませておきたいなあ。
と考えたときに七夕の笹の後処理はどのようにすればよいのでしょうか。

一緒に考えてみましょう。

  

七夕の笹も処分しなければ

苦労して手に入れた七夕の笹ですが、そのままにはして置けませんね。
場所は取るし、本物の笹であれば傷んできます。

その昔は笹と短冊を川や海に流すという風習がありました。
昔の人は川や海に流すことで天の川に繋がり願いが天に届けられるようにと考えたようです。
川や海がない地域では笹と短冊を燃やします。
燃やすことで煙が天に昇り願いが届きますようにとの風習です。

七夕が終わったら笹を片付けよう

その昔は7月6日に笹と短冊を飾り、7日の未明に片付けてましたが現在は、7月8日に七夕飾りを片付けることが多いです。
意外と早く片付けてしまうものなのですね。
また笹や短冊を写真に撮っておけば後で見直すこともできよい思い出になります。

七夕が終わった後の後処理方法

その昔であれば、
・川や海に流す
・庭先で燃やす
との方法も取り易かったのですが、現在では
・環境保護の観点
・都市部のマンションに住む人などの増加
によって処分方法も変わらざるを得ません。

お焚き上げをしている神社に持っていく

全ての神社で実施しているわけではありませんがお焚き上げによって神社で焼いてもらう方法です。
神社であれば七夕のお願いごとも天まで届きそうな気がします。

スポンサーリンク

小さく切ってごみ処理に出す

細かく切ってごみの日に出す方法です。
少し心が痛む部分がありますが、塩などで清めて感謝の気持ちを示しましょう。

地域のかたに聞く

これが一番確実かもしれません。
地方自治体毎に処分方法が決まっている場合があり、場合によっては粗大ゴミの集積所に持っていくこともあります。

まとめ

水溜り

いかがでしたでしょうか。

七夕は素敵な思い出。
その後片付けにおいても、有終の美を飾りたいものですね。

それでは、また。
別の記事にてお会いいたしましょう。

スポンサーリンク

-年間行事
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お盆イメージ

お盆の休みはいつからいつまで?会社と役所と大学の違いはある?

お盆です。 お盆にはお休みをとられる方も多いですね。 田舎の実家に帰って、ゆっくりする、お子さんを遊ばせる、 またはご自身がお子さんと遊ぶというお父さんも多いのではないでしょうか。 普段の仕事を忙しそ …

満月

お月見団子。なにげに人気のレシピをご紹介します。

お月見です。 毎日の仕事は忙しく同じように過ぎ去っていく間に季節は移り変わっている。 都会に住んで仕事をしていると季節のイベントを感じることも少ないですね。 お月見はご存知のとおり日本の秋の風物詩です …

保育園で0,1歳児の願い事を書くことになったが何を書けばいいのか?

お子さんが生まれたばかりの七夕。 保育園に預けて毎日仕事も忙しい。 そんなお父さんお母さんもいらっしゃるかもしれません。 しかし七夕。 保育園で願い事を書いてくださいと頼まれたけど。 スポンサーリンク …

花火大会そのふー

花火大会で脈なしとわかってしまう男性のめんどくさそうな仕草とは?

夏です。 暑いです。 あつはなついです。 夏は暑いです。 すみません、イラッとさせてしまいました、夏です。 夏といえば花火大会ですね。 花火大会、今年はどこに行きました? 人ごみとかすごくなかったです …

大学の入学式に親は出席する?参加の是否はどのように決めるか。

大学入学、おめでとうございます。 長い受験勉強を経て、ようやく訪れる大学生活。 期待と不安に胸膨らませ、 ようやく新居も決まって家具を選び 「ああ、ここから一人暮らしが始まるんだなぁ」 スポンサーリン …


皆さん、こんにちわ。

あそかずと申します。

普段はサラリーマンをしています。
2児の父であります。
日々の出来事・思ったこと感じたこと
季節のイベントをブログに書いています。

このブログが
皆さんのお役に立てれば倖いです。。

ブログランキング・にほんブログ村へ