スポット・グルメ 生活のハウツー

自動販売機は海外にないのか?見当たらない海外事情と日本との違いとは。

更新日:

自動販売機。

日本ではどこにでもありますよね。

暑い夏においしいジュースを飲んで生き返った

思い出をお持ちのかたも多いのではないでしょうか。

しかし海外ではとんと見かけない。

なぜでしょう。

既に他サイトさんでも多数取り上げられている問題ですが

改めて自分の視点で記載してみたいと思います。

スポンサーリンク

海外に旅行に行くと

自動販売機を見かけない。

僕は新婚旅行でイタリア、フランスと旅行したのですが

自動販売機を見た記憶がありません。

旅行の際には

いろんな注意事項、

トイレを利用する際にはチップを払えといわれ

ホテルのチップもあったり

地下鉄は危ないとかなんとか

でも

いざ移動してみると自動販売機はみかけない。

日本ではおなじみの自動販売機。

いったい彼らはどこに行ってしまったのか。

町並みがきれいでいいんだけれど

そこはかとなく感じる違和感です。

自動販売機、設置事情

日本全国の自動販売機の設置台数は約370万台。

その売り上げ金額は年間 約488億円です。

自動販売機には

・飲料
・食品
・たばこ
・券類
・日用品雑貨

の種類があるようです。

なかでもおなじみの飲料自動販売機は約250万台と

やはりトップの台数ですね。

アルバイトでも

自動販売機の設置場所をみつけて

設置場所のオーナーさんと交渉して

設置が決まれば金額が支払われる

というユニークなものがあるようです。

海外と日本との違い

海外で自動販売機がない理由は

もちろんその国にもよるようなのですが

・壊される
・盗まれる
・そもそも自動販売機に使われる金属が貴重

などの事情があるようです。

牢屋の中に入っているアメリカの自動販売機

盗まれてどこかに運ばれる自動販売機

などなど日本ではまず見かけないですね。

フランスでは駅の構内など、

目の届く範囲では設置されているようです。

まとめ

いかがでしたでしょか。

日本では当たり前のものも

海外に行くと無かったりする。

海外旅行をする際は

そんな視点でみてみるのも

おもしろいかもしれませんね。

それではまた。

別の記事でお会いいたしましょう。

スポンサーリンク

-スポット・グルメ, 生活のハウツー
-,

Copyright© 我々の日常は奇跡の連続なのかもしれない , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.