明日とか来年とか10年後とか、備えあれば憂いなしだけど今日という日常は奇跡かもしれないと思う。
ホワイトデーにバレンタインのお返しはいらない。断る時の言い方のご提案。 | 我々の日常は奇跡の連続なのかもしれない

恋愛 生活のハウツー

ホワイトデーにバレンタインのお返しはいらない。断る時の言い方のご提案。

投稿日:2017年12月13日 更新日:

スポンサーリンク

東京駅構内の白い場所

ホワイトデー。

最近では有名なイベントになりました。

バレンタインのチョコレートのお返しとして男性から女性に贈り物をする習慣ですね。

しかしながらホワイトデー。

こちらからはドストライクの本命チョコをあげたのに。

ホワイトデーのお返しは義理だったという状況。

義理なら受け取らない、遊んでんじゃないわよ!と思ったけれどつい受け取ってしまった。

いったいどうすればいいのでしょうか。

スポンサーリンク

ホワイトデーのお返しはいらない

昔、チャゲアンドアスカというグループの歌にありました。

「丸い刃はなお痛い」

優しくするなら受け止めて。

受け止められないなら冷たくあしらって。

はっきりしていたほうが苦しくないですよね。

でもあなたからの本命チョコに対して彼が返してきたのは義理のプレゼント。

知ってますか?

ホワイトデーのお返しの定番のクッキーは「ずっと友達でいましょう」ってことなのよ?

知っててお返ししてくるんだったら相当性格悪いよね?

そんなだからお返しは受け取りたくなかったんだけどついつい受け取っちゃった。

それもまたずる賢いあいつの思い通りになっているみたいで余計に腹がたつ!

どうすればよかったのだろうか。

ホワイトデーのお返しを断る時の言い方や回避方法

接触機会を減らす

会うからお返しをもらってしまうわけで。

避ければいいのです。

それでもずる賢い彼は隙を見てあなたに渡そうとするでしょうが。

そんなときの秘策は防犯ブザーです。

まさかそこまでするとは彼も思わないでしょう。

なんだか変なヤツだ、危ないヤツだと思われても上等です。

貴様の所業のほうがよほど悪党にふさわしいもやなのだから!

断るなら

バレンタインにあげたチョコには触れずに「お返しは必要ない」と言えばそれでOK.

理由を問われたら「そんな気分だから」でOKです。

きちんと理由を示さなければならない理由など実はどこにもないのです。

社会人として~とか大人として~ちゃんと理由を~とか言うやつは相手にしなければいいのです。

どうせそんなやつはたいしたヤツじゃない。

気分だって大切

今の世の中は正しく動いているでしょうか?

僕にはとてもそうは思えません。

弱いヒト、ヒトの弱みを見つけてはそこに群がる。

まるでハイエナですね。

そんなハイエナが高給取りとして跋扈している世の中が本当に正しいのでしょうか?

そんな正しくない世の中であなただけが正しく在る必要はあるのでしょうか?

実にばかばかしいことです。

であればもう、自分の感情に素直になってもいいのではないでしょうか?

誰もそれを間違いだとは言えないのだから。

ホワイトデーのお返し、脈あり脈なしの違い

ちょっと話が逸れますが。

本命のお返しであればあなたの望むお返し、プレゼントとなるでしょうか。

答えは「必ずしもそうならない」です。

なぜならば。

男という生き物は本当にプレゼントに対する思い入れが薄い場合があります。

素っ気無いというのでしょうか。

例えば両思いの女の子にだって、ホワイトデーのお返しがコンビニの限定クッキーとかだったりします。

もらった女の子からすれば「えっ、コンビニのお菓子?義理にしてもひどくない?」という感じですがプレゼントをあげた男子からすれば「限定チョコ」をあげた時点で本命でした、なんてことも多々あります。

それくらい男と女の感覚は違うのですね。

女性は「本命ならせめてもっといいところで」と考えます。

なぜならば友達に話せないからです。

本命のお返しはコンビニの商品だった、なんて女友達に言っても共感が得られないからです。

本命のお返しはまるで王子様のように唯一無二のものであってほしいのです。

なんて書いていると女性もたいがい思い込みが激しい生き物だなあと思いました。

失敬。

ホワイトデーのお返しはいらない~まとめ~

ホワイトデーのお返しはいらない。

いくらあなたがそう思って憤慨していてももらってしまったものはもらってしまったもの。

事実は事実として受け止めてもはや時の流れに忘れてしまうのが得策かもしれません。

なぜならばそんな悩むあなたを見て楽しんでいるのがろくでなしの男というものですから。

自戒もこめて、本記事を作成いたしました。

各箇所失礼な文章がありましたがどうぞご容赦いただければ倖いです。

それではまた。

別の記事にてお会いいたしましょう。

スポンサーリンク

-恋愛, 生活のハウツー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

クリスマスの明かり

クリスマスの食事にあの娘を誘う誘い方。食事日程は24か25どっちがいい?

スポンサーリンク クリスマスです。 恋人たちの祭典クリスマス。 気になる人がいるならば是非とも関係を進展させたい。 そのようにお考えのかたもいらっしゃることでしょう。 しかしクリスマスデート。 いきな …

スマホとスマホケース

スマホの副業は安全なのか?怪しいセミナーバイト募集に行った感想レビュー。

スポンサーリンク スマホで副業が簡単にできますよ。月に数万円~数十万円、場合によっては数百万円儲ける人もいますよ。 なんて広告がインターネットの世界には溢れていますよね。結論から言えば「スマホで副業し …

ゼリイ

バレンタインに嫌いな人から。義理チョコのお返しは必要なのか。

スポンサーリンク バレンタインです。 チョコレート会社、お菓子会社の陰謀だと騒ぐ人々がたくさんいます。 確かに流行りのイベントにのっかるのはなんだか恥ずかしいですね。 なので斜めに構えているとなんと。 …

雑誌の一部

忘れ物が多いのはなぜ?その原因と対策、つい忘れてしまう心理とは

スポンサーリンク 忘れもの。 新生活を始めるにあたって環境が大きく変わります。 社会人のかたはもちろんのこと学生さんも職場に学校に持っていくものを忘れると精神的に、そしてご自身の信用的にダメージがあり …

夜の飲み屋街

カプセルホテルに女性が一人で泊まるのは危険?初めてで不安な時は。

スポンサーリンク カプセルホテル。 宿泊費用がお安く済むことから旅行の宿泊先に検討している女性は多いです。 しかしカプセルホテルって治安が悪いというしどうなのだろう? 危ない目にあうんじゃないだろうか …

スポンサーリンク


皆さん、こんにちわ。

あそかずと申します。

普段はサラリーマンをしています。
2児の父であります。
日々の出来事・思ったこと感じたこと
季節のイベントをブログに書いています。

このブログが
皆さんのお役に立てれば倖いです。。

ブログランキング・にほんブログ村へ