明日とか来年とか10年後とか、備えあれば憂いなしだけど今日という日常は奇跡かもしれないと思う。
エイプリルフールで友達に面白い嘘を。ネタとついてはいけない嘘。 | 我々の日常は奇跡の連続なのかもしれない

年間行事

エイプリルフールで友達に面白い嘘を。ネタとついてはいけない嘘。

投稿日:

並木橋通り

エイプリルフール。

せっかくの機会なのでかる~く嘘を友達についてみたい。

そして嘘をばらしてきゃいきゃい盛り上がりたい。

でもあまり時間と手間はかけたくない。

もちろん友達を傷つけたくない。

どんな嘘がいいかしら。

以下にネタを挙げてみました。

エイプリルフールで友達に面白い嘘を

面白い嘘。

嘘をつくコツなのですが

・なるべく真実に近い事実から派生させる
・一人でなく複数人、3人以上で口裏を合わせる
・相手の興味のある分野で、かつ相手を傷つけない

があります。

なるべく真実に近い事実から派生させる

・野球好きな人なら「広島カープがセリーグ連覇したからパリーグに移るってよ」とか
・外食が好きな人なら「外食ばかりする人に対して政府が減税を決めた・・・ニュースに出てた・・・」とぼそっとつぶやいてみる
・芸能人が好きな人なら「あの人とあの人が結婚しようとしたらしいんだけど相手の寝顔を見て幻滅してやめたらしいよ」

などですね。

※上記の嘘の例は相手の性格次第で相手が傷ついてしまう場合があるかもしれませんのでお気をつけください。

一人でなく複数人、3人以上で口裏を合わせる

複数人で嘘をつくことで信憑性を上げます。

A「そういえば広島カープがセリーグからパリーグに移るってよ~」
B「お~そうらしいね、知ってる知ってる~」
C「巨人の陰謀か~?」

そしてターゲットに話をふる。

ABC「お前はどう思うよ~?」

としてターゲットの反応を楽しんでみてください。

怒っている感じであればすぐに嘘をばらして謝ってくださいね(汗

相手の興味のある分野で、かつ相手を傷つけない

これが本当に難しく、でも嘘をつくときの醍醐味でもあります。

相手の反応を見て臨機応変に対応する。

実は相手に完全に配慮しつつ巧みに嘘をつく、という行為は相当の知性を要求されます。

中学生のお子様たちの「いじめ」などとはまったく次元の違う高等技術なのですよ。

エイプリルフールで友達に使えるネタ

友達に使えるネタであれば鉄板は「身内ネタ」です。

・共通の友達の話題から発展、派生
・学校の先生とか職場の上司
・いつも通る通学路とか通勤

などなど共通の人、場所などからそれとなく嘘へ派生させていく。

ベースが「日常」であるがゆえに信憑性が高められるパターンです。

ただしあまりにも真実すぎると嘘をばらすタイミングを見失って禍根を残しかねません。

十分お気をつけくださいませ。


スポンサーリンク

エイプリルフールでもついてはいけない嘘

いくらなんでも「ついてはいけない嘘」もあります。

嘘告

最近の若者のあいだではLINEなどのツールを使って嘘の告白をして相手をからかう、というものがはやっているそうです。

悪趣味極まりないですね。

悪趣味な人には悪趣味な運命が待っています。

きっと願いがかなえられない、不満の多い人生を歩むことになるでしょう。

相手の好意を弄ばない。

人生、いついかなる時にも相手への思いやりを忘れてはなりません。

それは何より自分のためであり、生きるための技術でもあります。

誰かが死んだとかあいつがあいつを嫌いだとか

ゴシップというか陰口になるような嘘は嘘でもやめましょう。

聞いていて気分が悪いですし何より嘘をついた人の人格が疑われます。

誰かが死んだ、などの嘘も同様です。

相手が勘違いしてしまう嘘

これは相手次第かもしれないですが。

・一度信じると突っ走ってしまうタイプの人
・後々根に持つ人
・そもそも怖い人

に嘘をつくと後々がとっても大変です。

面白い嘘は相手次第。

手ごわい相手だと面白い嘘も笑えないジョークとなってしまいます。

ご注意を。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

エイプリルフール、せっかくですからかる~い気持ちで親しい人たちと楽しみたいですよね。

相手への気配りと思いやりと、そして知性あふれる機転があれば嘘を楽しめることでしょう。

嘘は上手に使えば人間関係の潤滑油となります。

嘘の下手な人は、ぜひとも相手への配慮に欠けるお子様の拙い嘘からは卒業して大人のジョークを楽しみましょう。

きっとあなたの人生を豊かにしてくれることでしょう。

それではまた。

別の記事にてお会いいたしましょう。

スポンサーリンク

-年間行事
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

夜空の星

七夕にみる中国との違い。その起源や中国での七夕の過ごし方とは

 七夕です。  皆さんも子供の頃、一度は短冊に願いを書いたりしましたでしょうか。  また子供がいらっしゃる親御さんですと、幼稚園や小学校の催し物があり  一緒になって笹や短冊を作ったりしているかもしれ …

おじいちゃんと海

亡くなった祖父にも敬老の日を。おじいちゃんへの贈り物のおすすめは。

おじいちゃん。 スポンサーリンク 小さい頃はいろいろ遊んでくれた。 両親はしつけに厳しかったけれど祖父は優しかった。 いろんなところに連れて行ってくれたし、おいしいものも食べさせてくれた。 いつも味方 …

花火大会そのふー

花火大会で脈なしとわかってしまう男性のめんどくさそうな仕草とは?

夏です。 暑いです。 あつはなついです。 夏は暑いです。 すみません、イラッとさせてしまいました、夏です。 夏といえば花火大会ですね。 花火大会、今年はどこに行きました? 人ごみとかすごくなかったです …

紅葉

中国地方で紅葉狩りに行ってみよう。少し時期が早いけど9月でも見頃の名所のご紹介。

秋の紅葉。 紅葉シーズンというと9月ではまだ早いと思うかもしれません。 しかしながらシルバーウィークの連休もありどこかに出かけたい。 秋といえば紅葉だけれども。 北の地方ならばともかく中国地方で9月に …

花火大会の事故。暴発から電車の不具合・事故までどんな危険があるだろう?

花火大会です。 夏の夜の風物詩。 夜に趣向をこらした様々な花火が上がって夏の夜を明るく照らす。 きれいな花火をみたくて スポンサーリンク 花火大会に行ったことがあるかたも多数いらっしゃることでしょう。 …


皆さん、こんにちわ。

あそかずと申します。

普段はサラリーマンをしています。
2児の父であります。
日々の出来事・思ったこと感じたこと
季節のイベントをブログに書いています。

このブログが
皆さんのお役に立てれば倖いです。。

ブログランキング・にほんブログ村へ