生活のハウツー

スーツケース通称キャリーバックが開かない!物が噛んで開かない時の対処法。

更新日:

スーツケースと男性

今日、旅行の準備をしていたら荷物を詰めすぎたのかスーツケース通称キャリーバックが開かない事態になっていまいました。

なかにはすでに詰め込んだ荷物。旅行は明日。

スーツケース通称キャリーバックが開かないと旅行にいけない!

もはや壊すしかないのか・・・いやいやその前にできることをやってみましょうぞ。

スポンサーリンク

スーツケース通称キャリーバックが開かない!

上向き女性

状態の検証

スーツケースは開くようにしている。でも開かない。

右側はうっすら隙間があって開いているのだけれど左側がぴったりくっついて開く様子がない。開くようにはしているんだけどなあ。

左側に何かが噛んでしまっているのか?

まずは押して閉じてみる

一旦ぐいっと閉じてみて再度開くとあら不思議開く場合があるんですね。

パソコンと同じですね。再起動、大事です。ちなみにパソコン関係のトラブルはこちらのサイトに数々の対応録を記載しておりますのでご参照いただければ倖いです。

話がそれました。で、ぐいっと上から乗ってカチっと閉めてみました。そして再度開く。

うん、開く気配がない。同じですね。右側が少し空いていて左側はがっちりしまっている。ふみゅう(´・ω・`)

壊せるか?

キャリーバックの外側は薄いので壊せそうな雰囲気はあります。

でもこれは最終手段かな。荷物は取り出せるかもしれませんが精神的ダメージが大きい(゜д゜)

スーツケースに何かが噛んで開かない時の対処法

男性の悩む姿

お店に持っていく

お店に持って行って直してもらう対策もあるのですが事態が深夜で翌早朝に出発する場合はちときついですね。

道中にお店を見つけて直してもらうという策もないことはないですが、それでも直らなかった場合は旅行の荷物が使えない(゜д゜)

カバン屋さんとかに持っていくと直してもらえる場合があるようですがそういうお店は日中帯の営業ですよね。

なので深夜に対応してもらえる店を発見できる可能性はかなり低いと思います。

無理やり開けられないか?

力いっぱいひっぱってみましょう。怪我をしない程度に。でも引く力がなかなか入らないですよねそうですよね。人体の構造上難しいんです、スーツケースをひっぱって無理やり開けるのって。

工具を使うぜ

少し隙間が空いている右側にマイナスドライバーを差し込みます。そしてぐいっとあけて隙間を広げます。隙間が広がったらレンチなどよりおおきな工具をはさみます。

右側の隙間が空いたら少しずつマイナスドライバーを左にずらしていきます。ぐいぐいずらしていきます。

そしてスーツケース左側の開錠スイッチにマイナスドライバーが差し掛かった時。

カチッ!

スーツケースが開きました^^

夜ご飯を中断しての所要時間10分でした。よく頑張った僕(自画自賛)

でもこちらの方法は最悪スーツケースが閉まらなくなって使えなくなるなど壊れてしまう可能性もありますので実施の際には自己責任にて対処願います。

それでもスーツケース通称キャリーバックが開かない場合は

メガネの女性とかけなおし

スーツケースがまったく開かない。

いろんな状況で開かない場合の対処が下記サイトさんの記事に記載されておりました。

参考:鍵で困ったときの解決ナビ
スーツケースが開かないとき

ふむ、成田空港には第1・第2ターミナルにリペアサービスがあるのですね。知らんかった(゜д゜)

成田空港でなくとも空港にはそういうサービスがあるかもしれんですね。そういえば地方空港でもあったような・・・?

そして自分だけでなんともならないと思ったのならば周囲の人に協力を求めるのも大切な手段です。

こじ開けるにしても1人よりは2人のほうがやりやすいですし。

それでもどうしても開かない場合はスーツケースのメーカに問い合わせるしかなさそうです;;

スーツケース通称キャリーバックが開かない!物が噛んで開かない時の対処法~まとめ

いかがでしたでしょうか。

スーツケースが開かなくなると焦りますよね。中の荷物が取り出せなくなるんじゃないかなどと考えるとさらに焦ってしまいます。

しかしそんな時もまずは深呼吸して冷静に。工具を使ってぐいぐいすると開く場合もありますし、周囲の人や周りのお店、メーカサポートに問い合わせる方法もあります。

本記事が少しでもご参考になったならば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よろしければ別記事もご参照ください。

恋愛を諦めたい場合はこちらの記事を合わせてご参照ください。

スポンサーリンク

-生活のハウツー
-,

Copyright© 我々の日常は奇跡の連続なのかもしれない , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.