明日とか来年とか10年後とか、備えあれば憂いなしだけど今日という日常は奇跡かもしれないと思う。
スマホの副業は安全なのか?怪しいセミナーバイト募集に行った感想レビュー。 | 我々の日常は奇跡の連続なのかもしれない

社会

スマホの副業は安全なのか?怪しいセミナーバイト募集に行った感想レビュー。

投稿日:2019年2月5日 更新日:

スマホケース

スマホで副業が簡単にできますよ。月に数万円~数十万円、場合によっては数百万円儲ける人もいますよ。

なんて広告がインターネットの世界には溢れていますよね。結論から言えば「スマホで副業して月に数十万円稼ぐ人」はいると思います。そしてあなたにもできる可能性はゼロではありません。が、「簡単に」という条件をつけると嘘ですね。簡単にできてたまるか。

先日たまたまフェイスブックで「スマホで副業セミナー開催します!」とバイト募集をかけていたので応募して出かけてきました。その時の様子を記載いたします。

  

スマホの副業は安全なのか

スマホの副業は安全なのかと問われれば答えは「知らんがな」になります。なぜならばスマホとは媒体、ツールであって商売そのものではないからです。

スマホだろうがパソコンだろうが郵便だろうが紙だろうが糸電話だろうが、ただのツールです。「ツールを使った副業は安全なのか?」と問われても「知らんがな」になります。同じ紙というツールでもただの落書きと有名人のサイン入りじゃあ雲泥の差ですよね。紙の中身がキモであるようにスマホを使って何をするのかがキモです。

スマホの副業って怪しいのか

そうですね。怪しいものが多いですね。楽して○○万円稼げます!と書いてあります。ミソは「稼ぎ続けられます!」ではないことですね。ということは理屈としては「作業したら1ヶ月だけ○○万円を支払って以降は○○○万円の教材を買わないと稼げないよ」と言っても嘘ではないわけですね。

メガネの女性とかけなおし

SNSやインターネットで拡散されている「楽して○○万円稼げます!」ってことなんですけど、それならどうして広告主は一生懸命広告してあなたにそれを知らせているんでしょうね?僕なら生活できるだけのお金を稼げる方法を知ったら自分だけで実践するかな。

だって知らない人に教えるってすごくリスクの高いことじゃないですか?そこにはどんなポリシーがあるのだろう?仕事に対するプライドがあるのかな?それとも心底楽しいと思えるから人に勧めている?人のためになるから?それとも広告主はものすごく博愛主義者、道徳心に満ちた方なのでしょうか?聖人のような人なのでしょうか?

俄然興味が沸いてきました。

ここはひとつ怪しいセミナー(しかも無料)に参加してみましょう。どんな出会いがあるのかな、オラちょっとわくわくしてきたぞ~!

スポンサーリンク

スマホの副業を判断するため怪しいセミナーでバイト募集してたので行ってみたときの感想レビュー

ユニークスキル、経費勘定の発動

僕はなにげに生活している時でも無意識にモノやサービスのお金を勘定するくせがついています。これを僕はユニークスキル「経費勘定」と名づけました。はいそこそのままのネーミングじゃないかとかいわない僕がくじけるぞもしくは言わないでください。ちなみに食べ物のカロリーも無意識に計算しています。おかげで太りません。

会場は広島駅前の一等地。以下でした。

参考:TKPガーデンシティ広島
ご利用の流れ・初めての方へTKPガーデンシティ広島

セミナー時間は日曜の18:00-21:00の3時間でした。50名以上の席が用意されていたのでおそらく会場料金は2万円/時間で6万円くらいかな。

そして会場1回の入口で案内役がひとり。エレベータ前にひとり。受付には若くて綺麗なお姉さんがふたり。受付で住所と電話番号を記入。個人情報のなんたらかんたらってのはあったかな。なかったかもな。もしかしたら個人情報だだもれかもな。さらにセミナーの説明員らしきひとがひとり。スネオみたいなサブサポート役がひとり

ここまでの人員、合計6名。会場の準備+セミナー+後片付けで勤務時間は短く見積もっても5時間。時給換算で3,000円とすると3,000×5×6=9万円。もし遠方から出張しているなら交通費+宿泊費が加算されます。

ということはセミナー主催側の経費は(15万円+経費)が最低ラインでしょう。

あ、忘れてた。フェイスブックに広告を載せていたのでその費用もかかります。どれくらいかかるんだろ?

参考:アドリス
Facebook広告の費用っていくらかかるの?気になる課金方式と費用

多い場合で1日1万円くらいかかるのかな。これを毎日のように各地でセミナーを開催しているらしい。こいつらどんだけ金持ってんだ。

僕が驚愕したのは

でも僕が驚愕したのはかかっているであろう経費ではない。僕が本当に驚いたのは男性も女性もスタッフがみんな黒服だったことだ!

黒服のフィギュア
引用:カイジの黒服フィギュア

さすがにサングラスはしていなかった。サングラスはしていなかったが・・・明らかにこれは・・・

エスポワール

エスポワールに乗らざるを得ない流れ!必定!圧倒的不利な状況!(に違いない)

さらに会場ではアップテンポでユーロビートかなんかのゴキゲンな音楽が流れていました。そして続々集まってくる参加者をみると「みんなくたびれている服と顔」。このままではもしや本当に地下施設に連れて行かれるのではないか・・・?

参考:カイジ ネタバレ・裏話・考察・予想まとめ
【カイジ】地下王国の状況が悲惨…王国の中身や労働施設の内情

そして僕の心をへし折ったのは隣の席に来た若者。リュックサックを僕の足の上に落とし「今日18時からっすよね?ハアハア・・・」急いできたんだろう。ご苦労様。でもまず僕の足の上のリュックサックをどけて謝れよお前。

ここで感じてしまった圧倒的な確信!このセミナー・・・このセミナーの参加者達は・・・

「民度が低い」

だめだここにいてはやられる。ここにいてはとりかえしのつかないことになる。僕の感性のアラームが警報を鳴らします。そして僕はセミナー開始前に「急用ができました」と言ってセミナーに参加せず会場を後にしました。

セミナーの様子を知ることはなかったのですがたぶん下記サイトさんが記載している記事のような内容かと推測します。

参考:ネットビジネス通信講座
【超毒舌】数百万稼ぐ俺が無料のアフィリエイトセミナー行った感想を述べようか?

無料セミナー怖いいいぃぃぃガタガタガタガタ・・・セミナーで精神的にやられて月曜日から凹むのはゴメンだな。まじめに仕事と記事更新すっか

スマホの副業は安全なのか?怪しいセミナーバイト募集に行った感想レビュー。~結論~

いかがでしたでしょうか。スマホでクリックするだけで○○万円なお仕事ってAIに奪われるのではと考えたのですがいやいやAIどころかプログラミングしてアプリ組めばそういうのできるでしょって思いました。一方で僕が学んだインターネットで儲かる仕組みは簡単に書くと「たった一人の悩んでいる検索者の悩みに対して的確な答えを提供する」ことでした。合っているかな?

↑これができればたくさん稼ぐことができるのですがまだまだ未熟者の僕です。今回のセミナー経験に懲りずにいろいろ学んで実践していきたいと思います。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

よろしければ別記事もご参照ください。

社会人の勉強として継続すると差がつく読書習慣をこちらの記事でおすすめしております。

スポンサーリンク

-社会
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

営業名刺交換

営業がうまくいかなくて辛い。その理由と新しい営業手法のご提案。

日本には約800万人の営業マンがいると言われています。 あなたもそんな営業マンのひとりでしょうか? この記事は営業のお仕事が辛いと思っているかたへのご提案です。 スポンサーリンク

古本屋の本棚

パートのおすすめの仕事は何?資格勉強して子持ち主婦が働くよ!

僕はサラリーマンです。 妻は子育てをしている専業主婦ですが、子供たちが小学校にあがり少しばかり余裕が出てきたので何かパートをしたいという話になりました。 妻は元々事務職だったので事務系で仕事を探してお …

働き方改革って意味あるの

働き方改革って意味あるの?残業などの課題を政府はこう解決すべき!

僕は一般会社員、技術職のサラリーマンです。 僕が就職した2000年頃はちょうど就職氷河期で就職活動では会社の面接は数十社受けるのが当たり前、それでも周りのみんなもそうだったのですが1社受かるかどうかと …

お金紙幣

消費税の増税は本当に必要なのか?賛成と反対の意見から理由を探ってみた。

消費税の増税は平成に入ってから度々行われてきました。 3% ⇒ 5% ⇒ 8% スポンサーリンク そして平成も終わろうとする2019年には一部生活必需品を除いて10%に増税しようとしています。 201 …

職業選択

職業の選択の基準。仕事を選ぶうえで失敗しないポイントは

職業選択。 小さい頃は夢いっぱいに男の子であればスポーツ選手、特撮ヒーロー。 女の子であればケーキ屋さんにパン屋さん、モデルにアイドルといったところでしょうか。 しかしながら中学生、高校生になるにつれ …


皆さん、こんにちわ。

あそかずと申します。

普段はサラリーマンをしています。
2児の父であります。
日々の出来事・思ったこと感じたこと
季節のイベントをブログに書いています。

このブログが
皆さんのお役に立てれば倖いです。。

ブログランキング・にほんブログ村へ