明日とか来年とか10年後とか、備えあれば憂いなしだけど今日という日常は奇跡かもしれないと思う。
残業はもう嫌だ!仕事の効率をあげて残業ゼロにするためには! | 我々の日常は奇跡の連続なのかもしれない

生活のハウツー 経済・ビジネス

残業はもう嫌だ!仕事の効率をあげて残業ゼロにするためには!

投稿日:2017年5月12日 更新日:

スポンサーリンク

残業。

本来、残業は上司からの命令があり承認されたうえで行うものです。

しかし日本の実態といえば

お客様に迷惑がかからないように、を至上命題として日々働くサラリーマン。

仕事が終わってないのに帰るとは何事だ、と新人のころから教育されるわけです。

しかしお客様はずいぶんいろんなことを言うわけです。

言えるものならなんでも言っていいと思っているかたもいらっしゃるようで。

本来の依頼内容から逸脱したものまで要求してくる。

でも費用は払わない。

特にIT業界などではその仕切りがあいまいになりがちで

あれもこれもと果てしない要求をされがちです。

ではそのような状況を防ぐためにはどうすればよいのでしょうか?

考えてみましょう。

スポンサーリンク

残業の必要性

残業の必要性はあるのか?

他人から聞かれても残業をしている本人も答えられない場合があります。

答えられないとたいていその本人の資質を疑われるのですが

・やったことのない作業
・お客様の返答待ち
・次から次へと仕事が増える

などの原因があります。

なるべく対応したい、などのあいまいな態度でいると

どんどん仕事が増えていくので

最近の若者は仕事が終わっていなくとも帰りますね。

・無茶振りのお客様、上司と
・仕事をしない、できない若者

に挟まれて、中堅社員の負担はもはや限界まできています。

新人がやめてもらうと管理職の評価が下がるのか、上司も新人には甘いです。

残業をしない効率のよい仕事とは

仕事の効率とはなんでしょうか?

残業が多いというと「効率」にスポットがあたりがちなのですが。

僕が見る限り日本の会社の問題は「効率」ではありません。

本当の問題とは「お客様を神様」として

なんでも要求を呑んでしまうことにあると思っています。

・前々から言っているのに直前で仕様を覆す
・ちょっとお願いしてうんといえば何を言ってもいいと思っている
・そもそもお客様が内容をよくわかっていない

などの原因があります。

ということはですね。

残業をなくす、仕事の効率をあげるとなれば

それができれば苦労はないということなのですが

お客様とよくよく意識をあわせる、コミットをとる、ということが重要となってきます。

残業をゼロにするためには

残業をゼロにするためにはどうすればいいのでしょうか。

結論から言ってしまうと「不確定要素を無くす」ことが重要です。

1つの仕事が1時間で終わる。
今日は7つ終わらせて7時間。
残業ゼロ。

とすれば残業する要素がありません。

ごくごく当たり前の話ですね。

それを阻害する不確定要素とは

・急に仕事を振ってくる
・お客様との意識違いが発覚
・1つの仕事が1時間で終わらなかった
(そもそも誰も作業ボリュームを把握していない)

などがあります。

管理職さんは仕事の内容を理解せず

担当者にお任せパックということも多々ありますので

残業指示など的確に出せるはずもありません。

しかし担当者の言うままに残業をつければ

毎月、月上限の45時間をオーバーしてしまう。

そのあたりに矛盾があるような気がしています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

残業代を稼ぐため仕事がなくてもだらだら残る人がいる反面

やってもやっても終わらない仕事に追われている人もいます。

なかには他の人の仕事の尻拭いに奔走している人も居て

奥さんからすると「押し付けられるほうが悪い」

ということになることもあるのですが

日本人の「一緒に」文化のなかではなかなか断りづらい面もあります。

とはいえ我慢にも限界はありますので

どうしても嫌なら新天地を求めて旅立ってもいいと思います。

そしてどうしても残業が嫌ならば正社員ではなく

各種保証などは手薄になってしまいますが

派遣社員という選択肢もあると思います。

それではまた。

別の記事にてお会いいたしましょう。

スポンサーリンク

-生活のハウツー, 経済・ビジネス
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

笹

七夕の笹の入手方法。笹はどこで売っていていくらで買えるのか?

スポンサーリンク 七夕です。 七夕といえば天の川、彦星様織姫様など様々なキーワードがありますが、笹に願いを書いた短冊をつけてお願い事をするのも一般的な風習です。 子供の頃は幼稚園や保育園で、大人になっ …

高速道路の様子

高速道路の運転が怖い。危険を避けて安全のために気をつけること。

スポンサーリンク 高速道路。 免許をとって間もないこともあって高速道路はなかなか運転していない。 高速道路の車の運行スピードは速いし、自分で運転するとなると不安だ。 でも慣れるためには運転しなきゃだし …

社会人の勉強は何をすればいいか。継続すると差がつく読書習慣のすすめ。

スポンサーリンク 今日は帰宅前にカフェで少々くつろいでいた僕の隣で以下のような会話が聞こえてきました。 何の勉強でも良いですが、1日1時間くらいでも毎日確実にその勉強や読書の時間を確保してこなすなら、 …

こどもの日は何をする?遊ぶ場所そして外遊びするならどこがいい?

スポンサーリンク こどもの日です。 毎年こどもの日はゴールデンウィーク真っ只中ですね。 僕の家族も改めて何かをした記憶がないのですが 家に兜武者の人形があるところを考慮すると どうも過去お祝いをしてい …

亡くなった父に贈る父の日のプレゼント。故人への贈り物はどう扱う?

スポンサーリンク 父の日です。 父の日に向けていろんなプレゼントを準備しているかたもいらっしゃるのではないでしょうか。 僕の父は既に亡くなっています。僕が高校2年生のときです。何か過去に辛いことがあっ …

スポンサーリンク


皆さん、こんにちわ。

あそかずと申します。

普段はサラリーマンをしています。
2児の父であります。
日々の出来事・思ったこと感じたこと
季節のイベントをブログに書いています。

このブログが
皆さんのお役に立てれば倖いです。。

ブログランキング・にほんブログ村へ