生活のハウツー 雑学・おもしろネタ

働きたくないでござる!一応就活するが仕事したくない場合は!

更新日:

スポンサーリンク

働きたくないでござる。

働かない人は羨ましい限りでござる。

拙者は家族もちで一家の大黒柱なので働くでござるが。

気持ちはみんなと一緒で働きたくないでござる。

・会社に行くと上司の指示がよくわからない
・会社に居るとストレス値が上がっているのがわかる
・「考えて」行動するがどうもそういうのは求められてないらしい

気持ちはみんなと一緒で働きたくないでござる。

大事なことなので2回言ったでござる。

しかし働かなくては飯が食えぬ。

飯が食えねばお腹が空いてしまう。

お金がなくては家を追い出されてしまう。

大変でござる。

では働かずにお腹を満たすためにはどうすればよいのか。

ここはひとつ、一緒に考えてみるでござるよ。

座っていてもお金が発生する、グーグルアドセンスのご紹介はこちらの記事をご参照ください。

スポンサーリンク

就活するけど働きたくない

そもそも大学に通っていてですね。

「中学生、高校生、大学生、次は就職だよ、うふふ」

というプレッシャーを感じるのですね。

キャンパス内に居るとき、下宿先でねているとき、

常にそのプレッシャーを感じます。

でその就職というのはうわさに聞くと

・果てしなく時間をとられる。終わりが見えない。
・サービス残業というものがあってただ働きさせられる。
・パワハラやセクハラというものがあり油断していると餌食になるらしい。

やりがいでやってくれだの

お客様のためにやってくれだの

とにかくやってくれだの

要するに他人を犠牲にして自分が楽をしているのです。

そういう言い方はよくないと言われようが

売られた喧嘩ですのでおとなしく表現するほど僕は人間ができておりません。

まあ、面と向かって誰かに言う勇気はないですが。

とにかく働くということは心と身体を壊しかねない

現代の奴隷制度とも言える仕組みなのではないでしょうか。

モトム、リンカーン大統領。

仕事をしているが働きたくない

ニートさんのみが働きたくないと思っているなどと勘違い召されるな。

現役バリバリのサラリーマンである僕だって働きたくない。

怒られて重いものをもってしんどい思いをして

他の人と調整するために声をかけるのはプレッシャーを感じて

現地にいったらもれがたくさんあって慌てている。

最後のは若干自分が悪い気もしていますが

プレッシャープレッシャーですよ。

親は

「お金を貰っているからね~我慢が仕事よ~」

と言うが我慢が仕事というならば我慢の仕方を選ばせてください。

・果てしなく奪われる気力
・限界まで使用する体力
・ひたすら求められるコミュニケーション能力

身体を使って仕事しているならばまだしも

一日中ずっとパソコンとにらめっこして

もう頭やら肩やら首やら痛みがとれないわけですよ。

過重労働やいじめは自殺者が出るから問題なのではない。

国民の生活の質を下げているから問題なんだ。

メディアを見ていると

政治家さんや教育者さんでこれがわかっていない方が本当に多い。

まあご自分は、適度にほどよくお働きになっておられるのでしょうが。

一般市民の声、というものも大事なのではないでしょうか。

えらい人のような大変能力のある方々が

まじめにお働きにならないのは日本国としての大変な損失であるように思います。

働きたくないでござる

もはや多くは語るまい。

働きたくないでござる!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

モーレツに働きたくない。

誰だってプライベートの時間やそれを楽しむ余裕がほしいものです。

モーレツに働くひとがいてもいいと思うのですが

いくつかの選択肢が欲しいものですよね。

収入が比較的安くて身分が保証されないということでしたら

派遣社員で働く選択肢もあります。

またニートのかたが社会復帰をしようとする場合は段階を踏んで

・まずは外出することに慣れる
・慣れたら買い物や掃除など家事を手伝う
・家事ができるようになったら1日程度短期のバイトをしてみる
・バイトができるようになったら長期のバイトを探してみる
・バイトに慣れたら職を探してみる

のように

人間はいきなりは新しい環境に対応できませんので

生活費を得るために徐々に働く選択肢もあります。

でも疲れた時にはたまには言っちゃいましょう。

働きたくないでござるよ~

それでは、また。

別の記事にてお会いいたしましょう。

脳科学を根拠にしたスキルはこちらの記事でご紹介しております。

スポンサーリンク

-生活のハウツー, 雑学・おもしろネタ
-,

Copyright© 我々の日常は奇跡の連続なのかもしれない , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.