明日とか来年とか10年後とか、備えあれば憂いなしだけど今日という日常は奇跡かもしれないと思う。
できる営業とできない営業の違いはこれか…本屋では買えない本でその特徴が分かった。 | 我々の日常は奇跡の連続なのかもしれない

経済・ビジネス

できる営業とできない営業の違いはこれか…本屋では買えない本でその特徴が分かった。

投稿日:2019年1月31日 更新日:

スポンサーリンク

営業マンの日常

今回ご紹介するのは2人の営業マンの物語です。

スポンサーリンク

できる営業とできない営業の違いはこれか

ある営業マンは、、、

いつも3億円を超える住宅の契約書を
当たり前のように書いています。

一方でもう1人の営業マンは、、、

3万の携帯電話のセールスで
しょっちゅう壁に突き当たっています。

2人とも仕事熱心で努力家で養うべき家族がいます。
しかし、その業績は驚くほど違います。

なぜ、ある営業マンは
多額のコミッションを受け取り、

一方で別の営業マンは、
暮らすのにやっとの収入しか得られないのか?

その答えはどこにあるのか?
なにか魔法のようなテクニックがあるのか?

その答えこそが、、、”消費者心理学”です。

これこれ人々にものを買わせるパワフルな原理です。
この原理は、セールマンが売っているものが
何であるかに関係がありません。

なぜなら、
あらゆるビジネスに有効だからです。

できる営業とできない営業。本屋では買えない本でその特徴が分かった。

この「クロージングの心理技術21」は、
間違いなく役に立つ消費者心理学の強力な
21のテクニックを教えてくれるでしょう…

http://directlink.jp/tracking/af/1516301/pSw71woV/

さらに、これらの原理をあなた自身の
セールストークにどう組み込めばいいかを、
数十に及ぶ実際に使える文言で示しています。

あなたはこの本を読むことで、
次のような秘密を知ることが出来ます・・・

・相手の意識レベルに応じて
あなたのセールストークを調整する方法

・恐怖という強い感情を利用して、
極めて頑固な相手さえ納得させる方法

・ライバルを打ち負かす方法

・セールストークで決してしてはいけないこと

・他人の信用を借りて
あなた自身の信用を拡大する方法

などなど。

1%の特別なセールスマンだけ知っている
クロージングのテクニックは
こちらからチェックすることができます。

http://directlink.jp/tracking/af/1516301/pSw71woV/

ご参考になれば倖いです。

スポンサーリンク

-経済・ビジネス
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仕事の段取りが悪いのを改善したい。コツと考え方、組み方の提案

スポンサーリンク みなさん、仕事してますか? 毎日お疲れ様です。 納得いくこといかないこと、仕事は様々なことがあります。 なかには人間関係など自分ではどうしようもない部分もありますが 仕事のスケジュー …

資産運用でローリスクな方法は?投資初心者の老後の資産運用のご提案。

スポンサーリンク 資産運用です。 長年働いてようやく退職。 子供も育って孫ができて。 退職金を受け取って年金で生活しようとしている。 そんなかたもいらっしゃるかもしれません。 だが年金。 今までの生活 …

残業が当たり前なのはおかしい。日本の風潮と働き方改革の罪。

スポンサーリンク 残業ですよ。 今日も今日とて残業。夜になるとおなかが空きます。帰宅すると子供は寝ている。なんなら妻も寝ている。サービス残業もあるけれど少しは残業代がつくものだから生活費のために頑張っ …

仕事が嫌になる時。原因と時期にみる仕事のストレスの対策は。

スポンサーリンク 今日も今日とて仕事。 好きなことをしていればまだいいですが 押し付けられた仕事や向いてないと思われる仕事はやっていて疲れます。 仕事が嫌なものだから運も向いてこない。 失敗を繰り返し …

銀座もみの木イルミネーション

職場の忘年会に行きたくない。会社への断り方と言い訳をご提案。

スポンサーリンク 12月。忘年会シーズンです。 幹事さんは大人数の忘年会の会場を押さえたり、参加者の調整をしたりと大忙しです。 営業さんであればお客さんと社内と個別と、様々な忘年会が毎日のように開催さ …

スポンサーリンク


皆さん、こんにちわ。

あそかずと申します。

普段はサラリーマンをしています。
2児の父であります。
日々の出来事・思ったこと感じたこと
季節のイベントをブログに書いています。

このブログが
皆さんのお役に立てれば倖いです。。

ブログランキング・にほんブログ村へ