生活のハウツー

結婚式の服装のマナー。男は礼服じゃなくスーツで参加してもよい?

更新日:

スポンサーリンク

結婚式です。

20代後半~30代ともなると

結婚式に参列する機会が増えますね。

友人の結婚式。

会社の同僚、後輩の結婚式。

親族の結婚式に親の結婚式ということもあるかもしれません。

僕も若かりし頃から

友人の結婚式や親族の結婚式など列席してきましたが

都度都度時代や雰囲気が違うので

服装には悩んでしまいます。

季節によっても異なる結婚式の服装。

女性であればいろいろな装いがありますので

さらに悩むところですが、

男性も服装のマナーに気をもんだりしてしまいます。

結婚式の服装。

どのようなものがよいのでしょうか。

一緒に考えてみましょう。

スポンサーリンク

結婚式の服装のマナー

結婚式の服装のマナーも時代によって変わるようです。

その昔は若い方でも礼服で出席されることが多々あったようですが。

最近は友人、会社の同僚の結婚式であれば

いつも会社に出社するときのスーツの服装で参加することが多いようですね。

色は紺色などリクルートのような落ち着いた色合いが無難でしょう。

男性の場合は新郎と服装のイメージが被ることはあまりないと思いますが、

女性の場合は新婦のお色直しのドレスの色も鑑みて

自分の服装の色合いを決めるようです。

結婚式の男の服装

男の結婚式の服装、というとなにかいぶし銀なイメージがするのは僕だけでしょうか(笑)

通常、(黒ではない)ダーク系のスーツでネクタイ、革靴と

いつもの出社時の服装を心がけていただければセーフのようです。

心配ならば参列予定の周りの人に聞いてみて合わせてみましょう。

まさか夏だからといってサンダルにアロハシャツで参加する人はいないと思いますが

ハワイなど南国の結婚式だと外国の方はそれで参列したりもするようです。

ところかわれば、ですね。

結婚式は礼服かスーツか

服装としては礼服かスーツがよいと思うのですが。

問題はその境界線ですね、

私の調査および経験上は

・新郎が部下の場合は自分は礼服
・新郎が友人、同僚の場合はスーツ
・新郎が親族の場合は礼服
・新郎が上司の場合はスーツ
・新郎が外国人の場合はもしかしたら現地の風習
※外国では他の人に合わせてアロハシャツで参列することがあるようです。
となることが多いようですよ。

いずれにせよ他のかたがたとのバランスが重要かと思いますので

可能であれば参列者のかたに事前に聞いてみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

人生に何度とないであろう結婚式。

新郎新婦に対する礼儀として

服装のマナーをしっかり押さえるとともに

その都度都度の式の雰囲気もありますので

他のかたとの歩調を合わせることも肝要かと思います。

自分の結婚式であれば

ご参列いただくかた、特に友人などであれば

ちょっとしたおふざけを仕込むのも手かもしれませんね(笑)

それでは、また。

別の記事にてお会いいたしましょう。

スポンサーリンク

-生活のハウツー
-,

Copyright© 我々の日常は奇跡の連続なのかもしれない , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.