会社

僕の残業の原因は何だった? | 日本の残業の原因とその対策とは?

投稿日:2017年5月18日 更新日:

残業です。

もう実は残業の記事は本ブログでも数記事書いているのですが。

やっぱりそれでも残業について書いてしまう。

それは僕がサラリーマンであり

日頃から残業、特にサービス残業までしているからだと思います。

そんな残業をしているとついつい考えてしまうんですね。

なぜ残業というものがあるのか?

果たして

・自分の力が足りないのか
・それとも理不尽に働いているのか
・足りないのは力ではなくて割り切りなのか

もうその境界線もわからなくなってきている。

いったいどうすればよいのでしょうか。

一緒に考えてみましょう。

  

僕の残業の原因って何だった?

僕の残業の原因。

業種によっても異なる残業の原因。

あくまで僕の主観で書いていきます。

チキンレース

もしかしたら主に上司からの指示に従ってラインで働く

ブルーカラーのかたには伝わりにくいかもしれませんが

誤解を恐れずに言うならば残業がチキンレースになってしまっている部分があるのです。

すなわち、先に帰ったほうが負け、との空気です。

僕も新人の頃、やることないなら帰っちゃえということで定時で帰ったことがあります。

そうしたら周りの先輩の態度が明らかに悪化したんですね。

で、これじゃないんだな、と定時帰りを止めたところ

あちこちから「心を入れ替えたんだな」とひそひそ話しが聞こえる。

僕の業務すら関わったことのないその先輩方はいったい僕の心が入れ替わったと

どうやって判断したのかは謎ですが、やっぱりそうなんだなと思った記憶があります。

これにより

早く帰宅する気持ちと

仕事をきっちりやる気持ちが薄らいだことを

よく覚えています。

仕事の品質が下がればこっちのもの

意味なしサービス残業により仕事の品質が下がった僕。

待ってましたとばかりにだめだしの嵐です。

・ほら帰っている場合じゃないだろう
・また間違えているじゃないか
・さあ仕事が待っているぞ

とのことでした。

たまには早く帰ってゆっくり寝たいなあと思った記憶があります。

仕事を次から次へと

これが終わったらすぐ次へ。

勤務管理は課長が全てやっておりました。

もっとも残業というものは管理職の指示で行うものですのでそれが正解なのかもしれませんが。

月に残業がいくらついているかも知らされず、

またあくまで「会社にいた時間」が300時間の月があったのですが

給料の総支給額は24万円でした。

手取りではなく総支給額です。

24万円÷300時間=800円ですね。

本気で会社を辞めてバイトをしたほうが給料は安くなるけれど

そちらのほうが身体を壊さずに済むと思いました。

日本の残業の原因

主に以下です。きっぱりと書きます。

サービスレベルの合意がない

何をどこまでやればいいのか不明。
後だしじゃんけんでオーダーを出したもの勝ちになります。

スポンサーリンク

報連相が機能していない

・部下が報連相しない
・上司が報連相を受ける能力がない

両方ありえます。

相手の都合を考えない


今このときに回答しておけば
相手も次の仕事に移れるものを
放っておいたが故に手遅れになる


相手がどれくらい時間と労力を要するかわからずに指示する
なんならお客様との合意がとれていない指示を勝手に出して
成果物を無に帰すツワモノもこの国にはびこっています。


自分には関係のないことには興味がない。
そんな人が仕事のできる一人前の顔をしている。

今日終わらせるべきことを終わらせない

明日は明日の風が吹く。
しかしその風は逆風であった。

仕事をする人としない人がいる

仕事をする人が全ての仕事をしている。
場合によっては仕事をしない人に仕事を振らない育てない方が問題なのですが
だって自分がやったほうが早いんだもの。とのことですよ。

このような残業の対策とは

ありません(きっぱり)

残業は当分は無くなりません。

なぜならば残業、なんならサービス残業の美徳意識が日本に蔓延しているからです。

ですが

もしかしたら

15年後には状況が変わっているかもしれません。

その理由は、

・現在の人口構成
・昭和という時代のモーレツ精神を受け継いだ人々の人口割合
・日本国の経済の成熟度

を鑑みた結果、15年経つと退職するかたが多数発生するからです。

また

残業を無くすことはできないでしょうが

その辛さを緩和する術ならばあります。

誰にでも今日からできることです。

それは

・働く人に気遣いをしてあげる

ということです。

・旦那さんが会社から帰ってきたら三つ指ついて、
とまでは言いませんが諸事不祥事、目をつぶって「お疲れ様」と声をかける。

・帰宅した時に奥さんの機嫌が悪かったら話を聞いてあげる。
納得できなくても反論しない。そうだねえそうだねえと共感してあげる。

・引越しのお兄さんが汗だくならお茶を出してあげる。

・コンビ二の店員さんが忙しそうなら少しくらい待ってあげる。

・居酒屋のメニューがいつまで経っても出てこないときは
 「私が作りましょうか?」と店員さんに冗談のひとつも言ってみる。

決して恩着せがましくしたり得意げにしない。あくまで自然体で。

当面、残業は無くなりませんが。

人の温かさもまた、人の心次第で、

いつの時代も無くなったりするものではありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

残業、うんざりですよね。

でも残業とは物質でもなければ自然界の法則でも何でもありません。

人間が勝手に作って残業残業と言っているだけです。

たかが人間が勝手に作ったものならば。

人間の意識次第で勝手に壊すことも可能、かもしれません。

壊すことのできるほどの精神力を持った人に僕はまだ出会ったことがありませんが

広い世の中にはきっといらっしゃることでしょう。

そのような人々に出会ったとき。僕は、あなたは

「自由」の本当の意味を知ることになるのでしょうね。

それではまた。

別の記事にてお会いいたしましょう。

スポンサーリンク

-会社
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

残業のみなしの意味は? | その手当てのつけ方と労働時間の考え方

みなし残業制度。 人員募集要件を見ていると書いていることがありますね。 「みなし残業20時間を含む」のような表記のしかたです。 スポンサーリンク 「みなす」という言葉は「~だと判定する、仮定する」との …

会社は嫌がらせを受けるので行きたくない | うつになる前に対策を

会社です。 みなさま、本日も出勤お疲れ様です。 プレッシャーのなか出社して そりの合わない人たちと付き合いながら でも家族を養わなければならず 先月は残業が少ないから給料が少ないとパートナーに責められ …

残業の必要性はあるのか | 効率をあげて残業ゼロにするためには

残業。 本来、残業は上司からの命令があり承認されたうえで行うものです。 しかし日本の実態といえば お客様に迷惑がかからないように、を至上命題として日々働くサラリーマン。 スポンサーリンク 仕事が終わっ …

仕事の段取りが悪い | 段取りのコツと考え方、組み方について

みなさん、仕事してますか? 毎日お疲れ様です。 納得いくこといかないこと、仕事は様々なことがあります。 なかには人間関係など自分ではどうしようもない部分もありますが 仕事のスケジュールや段取りは自分で …

会社の飲み会に行きたくない | 断り方と参加した場合のバックレ方

会社の飲み会です。 サラリーマンにはもはや宿命とさえ言える飲み会。 席をまわってお酌をしたり 時には先輩の武勇伝武勇伝を聞きながら スポンサーリンク 自分は酔わないようにして周りに気を遣ったり。 気の …


皆さん、こんにちわ。

あそかずと申します。

普段はサラリーマンをしています。
2児の父であります。
日々の出来事・思ったこと感じたこと
季節のイベントをブログに書いています。

このブログが
皆さんのお役に立てれば倖いです。。

ブログランキング・にほんブログ村へ